foopのある暮らし。

小さな種からすくすく育っていく野菜たち。その姿に、ワクワクしたり、ドキドキしたり…。
ちょっぴり豊かなfoopのある暮らし、あなたもはじめてみませんか?

  • あ!もう芽が出てる!がんばれ!
    7 DAYS
  • 食べ頃まで、あと2週間。う〜ん、楽しみ楽しみ。
    14 DAYS
  • ぐんぐん伸びる野菜に興味津々!一緒に大きく育ってね。
    21 DAYS
  • あ!食べ頃になった!さてさて、どうやって食べようかな♪
    28 DAYS
  • できた!採れたてレタスのサンドイッチ!
    35 DAYS
  • foopを眺めてる時間が好き。
    EVERYDAY

あらゆる空間にフィットする、こだわりのデザイン。

ボタンのないスタイリッシュなデザインに、飛騨木のぬくもりをプラス。
きっと、あなたのお部屋にもここちよくフィットする、foopです。

野菜の「今」をスマートにお知らせする、専用アプリ。

foopアプリ画面

お手入れや収穫のタイミングなど、野菜の状態を最新の
センシング技術でチェック。専用アプリケーションであなたのスマホに
お知らせするから、仕事中も旅行中も安心です。

野菜の育て方を変える。スマートで革新的な機能。

気軽に、楽しく、しっかりおいしく。
誰でもはじめやすい foopです。

  1. STEP1
    1

    栽培カップにスポンジと種をセット。水と液体肥料を入れれば育てる準備は完了です。

  2. STEP2
    2

    育てる野菜を専用アプリで選択。お手入れのタイミングや食べごろはアプリが教えてくれます。

  3. STEP3
    3

    食べ頃のお知らせが届いたら、食べる分だけ収穫しましょう。洗わずにそのまま食べられます。

ご注文

初回150台の限定予約注文は終了しました。
ご予約された方には、2016年9月より製品の発送を予定しておりますので、今しばらくお待ちください。

SOLD OUT !

※第2次予約注文は締切りとなりました。

次回予約注文のエントリー登録を開始します。
エントリー登録された方には、次回予約注文に関する情報を優先的に配信します。尚、本登録により製品の予約注文が確定するわけではございませんので、ご了承ください。

販売価格

¥48,500
エントリー登録受付中

私たちの暮らしと野菜の関係

foopのサイトを訪れていただきありがとうございます。
IoT(Internet of Things)と水耕栽培で私たちの暮らしと野菜の関係はどう変わるのか。
このプロジ ェクトはそんなユーザーの皆様との対話からはじまりました。

商品化にあたり、対話にご参加いただいた皆様には、
この場で深いお礼を申 し上げるとともに、foopに込められた想いを少しだけお話させてください。

野菜をつくるということ

ユーザーの皆様と野菜をつくることで起こる
暮らしの中の変化について対話を行いました。

対話を進める中で最も多くでた意見は、 子供と成長を楽しめる、
コミュニケーションのきっかけになる、
収穫する喜びなど、食べること以外の体験でした。

この対話をきっかけに野菜をつくること自体が暮らしを豊かに変える
ひとつだと私たちは確信しました。

foopの正面にある可愛らしいアイコンは
育てる体験を楽しくする工夫のひとつです。

IoTと水耕栽培が暮らしの一部を
育てるに変える

野菜を作ることがもたらす体験が暮らしの中に溶け込み
気軽なコミュニケーションへつなげるにはどうすればよいか対話を重ねた結果、
水耕栽培とIoTに可能性を見つけました。

季節や天候、室内での置き場所に左右されない水耕栽培は、
今までの暮らしを変えずに取り入れることができます。

今後もユーザーの皆様から頂いたアイデアを元に、
アプリケーション開 発を続け、SNSとの連携やfoop同士をつなげることにより、
遠隔に住む家族との会話のきっかけになる仕組みを実装していく予定です。

今後のfoopにもご期待くださいませ。

水耕栽培のアイデアワ ークショップの様子。
商品化に向けてのユーザーの皆様との対話はFabCafe tokyoの協力により実現しました。

開発秘話

foopの秘話を、シリーズでご紹介します。

  1. MANUFACTURE9

    foop 開発・制作秘話 完結編
    「foopのルーツについて」

    今回は完結編として、foopのルーツについてブランドであるC'ESTECや、foopの名前の由来などご紹介したいと思います。

    more

  2. MANUFACTURE8

    foop 製造工程vol.8
    「出荷準備整いました!」

    今回はいよいよ出荷準備が整ったfoop本体の最後の段階をご紹介したいと思います!

    more

  3. MANUFACTURE7

    foopサプライズ ニュース
    「スターターキット!」

    今回は初回150セットの購入者のみに、無料でプレゼントさせていただいているスターターキットをご紹介したいと思います。

    more

  1. MANUFACTURE6

    製造工程vol.6
    「金型について」

    今回は実際にその金型を使ってパーツを作る工程をご紹介したいと思いま~す。

    more

  2. MANUFACTURE5

    製造工程vol.5
    「アクリルカバー金型研磨!」

    飛騨木の側面板と並び、foopの顔とも言えるアクリルカバーですが、「金型」というものを使って作ります。

    more

  3. MANUFACTURE4

    製造工程vol.4
    「アプリ」

    foop本体もどんどん仕上がってきていますが、皆さんがダウンロードしてスマホで利用するアプリの制作も着々と進んでいますよ!

    more

  1. MANUFACTURE3

    製造工程vol.3
    「信頼性試験!」

    3回目の今日は信頼性試験について、試験の種類や試験の方法をご紹介したいと思います!

    more

  2. MANUFACTURE2

    製造工程vol.2
    「組み立て」

    2回目の今日はfoopの組み立てを4つの工程に分けてご紹介します!

    more

  3. MANUFACTURE1

    製造工程vol.1
    「電子部品」

    開発秘話 に続いて、今回から「foopがどうやって出来上がるか」製造工程をシリーズで紹介していきたいと思います。

    more

  1. DEVELOP8

    開発秘話 番外編
    「飛騨ってこんなところ!」

    開発秘話 番外編として、前回は飛騨木の加工や職人さん達についてご紹介しましたが、今回は「飛騨」の魅力をお伝えしたいと思います!

    more

  2. DEVELOP7

    開発秘話 番外編
    「側面板、5つの加工行程!」

    前回で最終回となった、シリーズfoop開発秘話に続いて、7月からはfoopの製造工程の紹介をしていきたいと思います。

    more

  3. DEVELOP6

    開発秘話vol.6
    「CUTEな表情アイコンについて」

    第6回目の最終回はfoop右下にある「表情アイコン」を作られた、BloombroomDesign、大亀さんのお話です。

    more

  1. DEVELOP5

    開発秘話vol.5
    「foop_内側の秘密!」

    第 5 回目は foop に命を吹き込み、実際に「動かし機能させる」ソフトウェア担当、T2T さんのお話です。

    more

  2. DEVELOP4

    開発秘話vol.4
    「foopがカタチになるまで」

    第4回目はfoopを「デザイン」から実際に「カタチ」にした設計担当、テクノラボさんのお話です。

    more

  3. DEVELOP3

    開発秘話vol.3
    「素材についてー飛騨の木」

    第3回目は、家電には珍しい素材である木の使用について、質問をさせていただきました。

    more

  1. DEVELOP2

    開発秘話vol.2
    「UIデザインについて」

    第2回目は、本体ディスプレイとUIデザインの関係について質問をさせていただきました。

    more

  2. DEVELOP1

    開発秘話vol.1
    「デザインについて」

    第1回目は、全体デザイン、形、構造について質問をさせていただきました。

    more

  3. HISTORY3

    誕生秘話vol.2
    「どうして野菜?」その1

    今日はfoopのプロデューサー弊社のマーベリックから開発秘話をあらためて聞いてみました!

    more

  1. HISTORY2

    誕生秘話vol.1
    「foopはみんなのアイデアから!」その2

    アイデアソンで出てきた沢山のアイデアからfoopは少しずつ改良され、現在の形に生まれ変わりました!

    more

  2. HISTORY1

    誕生秘話vol.1
    「foopはみんなのアイデアから!」その1

    初回のプロトタイプができた段階で様々なユーザーの意見を取り入れようと試みました!

    more